パソコンを買う際のCPU参考メモ(Core iシリーズの概要)


インテルプロセッサー:
インテル

新しくパソコンを買う際、Core2Duoだが、クアッドコアCeleronやらの混在で何がなにやら・・一体何を買ったらいいのか分からないという方も多いはず。。

そこでインテルでは今年からCPUのブランドをCore iシリーズとし、3種類のiシリーズを発表。
Celeronは残るものの、今後Core2Duoはなくなっていく。今でもCore2Duo搭載のパソコンも販売されておりますが、いずれは終息の方向。
パソコンのCPU選びをCore iだけで決めていませんか?現在のCore i7だけでも種類が11個。
発売時期や性能も違います。

既存CPUとCore iシリーズとの区別がわかりずらいので、CPUの現状を調べてみました。

技術的な詳細は割愛し、自分用として簡単にメモ。
パソコンを購入の参考になればと思います。

 

Core iシリーズとは?

Coreiシリーズは3種類。i7(ハイエンド)、i5(中間)、i3(エントリ)となっています。
先にi7が2008年から発売されており、i5はi7の廉価版、i3はi5の廉価版となります。

CPUロードマップ
http://pc.watch.impress.co.jp/img/pcw/docs/302/074/html/kaigai1.jpg.html

 

Core iシリーズの特徴

特徴は2つ。ハイパー・スレッディング機能(HT)と、ターボ・ブースト機能(TB)。ここらへんで見失ってしまいそうになる。
ここではパソコンを買う際の参考としているので、簡単に言うと、

ハイパー・スレッディング機能:
「1つのコアで、2つのお仕事(スレッド)をします」ということ。コアが多ければ多いほどはかどります。
ハイパー・スレッディング機能はi7、5、3は全てあるので関係なし。
ただし、デスクのCorei5の750シリーズはないので注意。

ターボ・ブースト機能:
「CPUに負荷がかかる際、クロック周波数を自動的に上げて速く処理しちゃうよ」ということ。(常時最大にしないのは発熱・消費電力を抑えるため)
ターボ・ブースト機能は、i3は無し。廉価である理由。CPUに負荷がかからない利用の方はi3でいいでしょう。

また、その他の機能として、新しいCPUにはGPUが搭載されているものもあります。GPUはグラフィック処理のチップで、より快適にグラフィックを表示するものです。
 

 

Core iシリーズの一覧

2010年3月現在のCPUのリストをまとめてみました。キャッシュやTDPなどの細かい項目は省いています。
パソコンを購入する際、CPU(Core i)の横に必ずプロセッサーナンバーがふられています。(Core i7 - 870 など)
以下の表と照らし合わせてその性能を知ることができます。現時点での発売されているパソコンでも発売時期が古い?CPUが使われていたりします。(その分、価格も安いと思いますが)
特にCorei5の750が多く、GPUが入っていないのが特徴です。単にi7やi5で決めるより、その横のプロセッサーナンバーを知ることにより、コア数や発売時期などの違いも分かります。

■デスクトップ向けCPU
デスクトップ向け Core iシリーズ

■モバイル向けCPU
モバイル向けCore i

販売時期が古いCPUもありますので、パソコンを購入の際はチェックしてみて下さい。
※その分安いかも。
  

最適なCore選び


コアなユーザにとってはマザーボードの規格も気になる点かもしれませんが、ここでは「簡単」に考えることにしています。
買い替え・新規としてパソコンを買う際のCPU選びのポイントとして、

  • Core2Duoは終息。買っても悪くはないが、新機種なら最新技術のCore iの恩恵を受けたいところ。
  • 性能比の基本としては、i7 > i5 > i3 > Cleron。価格も同様。
  • ハイパー・スレッディング機能(コアを倍にし、作業をはかどらせる機能)はどれでもあり。(一部除く)
  • ターボ・ブースト機能(処理がつまってきたら、処理速度を自動でアーーップ!する)では、i3には無し
  • 販売日が古いCPUもあり。
  • 最近のCPUはGPU内蔵モデルあり。


場合によっては廉価で新しいCorei3が、発売日が古いCorei5よりもコスト・性能的にもいい場合があるようです。
まあ、その場合には価格に反映しますから、費用対機能を比較してみて下さい。

  • 現在のパフォーマンスで不足はないか?Celeronでも問題なければi3、CeleronでOKでは?
  • 負荷がかかる作業を行うか?(画像編集・動画・大量の数学計算を伴なうプログラムなど)。であればi5,i7。どこまで予算を出せるかで上位に。


個人的に上位機種を体験する機会がありました。
Corei7、64bit、6GRAMを体験しましたが、うーーん、期待していた程のスピードでは~と言う感じでした。
確かに、動画編集・数学計算は速い。どのくらい速いのかは比較対象物がないので単体の検証ですが、計算の速度は速い。
一般的なOS周りやアプリに驚きはありませんでした。(windowsダイアログ表示のアニメーション機能でもっさりしている。オフにすれば速いのでは?)
i5にRAMを結構積んだ方が負荷を考慮しても、正直、事足りそうな気がします。

でもCore i7はCoreシリーズでは最強。
近々ゲットすべく画策中です。。。
 

発売予定のCPU


i7 875K:2.93GHz、4コア が、7月下旬予定、
i3 655K:3.20GHz、2コア が、5月末~6月上旬

との情報。

待っててもきりないですが、Coreシリーズの今後の動向に注目です。

 

dummy

   

関連した記事

Google検索

Loading

Feed Feed

価格.com自動車保険 比較・見積もり

お問合せ


オンラインユーザ

52 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

dummy

dummy

dummy

dummy