ニコニコ動画の「実況プログラミングシリーズ」がすごい

ニコニコ動画でアップされてます

私自身ソフトの屋の端くれでございますが、もう神レベルの方の動画を発見。
t-kihira さんの投稿で、今現在3作品がアップされています。

何が凄いのかというと約60分以内にプログラミング環境のダウンロードからインストール、さらにゲームを作ってしまうという荒業。

 

アップされている動画リスト

2009年11月29日【プログラミング】携帯Flashで15パズルを作ってみた【実況解説】


2009年10月15日【プログラミング】テトリスを1時間強で作ってみた【実況解説】


2009年10月01日【プログラミング】オセロを1時間で作ってみた【実況解説】


代表的な動画として、有名なテトリスゲームを1時間で作ってしまう動画に至っては30万5千回!も再生されています。

動画を見てみると、説明も謙虚な語り口でいてなおかつ、かなりのプログラミングスキル!
私も過去、何人かの天才プログラマーにお会いしましたが、確実にそのカテゴリのお方。大変勉強になりました。
 

投稿者情報

調べてみるとこの方、紀平さんは東京・南青山で携帯電話向けのソフトウエア開発会社ブロードテイルを経営する方で、経歴も過去にはIBMの東京基礎研究所でJavaScriptを研究していたとのことで凄い。

ITPro記事:「テトリスを1時間強で作ってみた」動画の投稿者にインタビュー──「プログラミングの楽しさ伝えたい」 ブロードテイル CEO

 

プログラミング、作る楽しさをあらためて

動画の中でも説明されていますが、とにかくプログラミングの楽しさを伝えたいということが伝わってきます。
私が社会人になって初めてPC-98+8インチディスクでの仕事に就いて感動していた頃に比べ、紀平さんが中2でC言語を学べている点とか恵まれているなぁと感じます。
近い世代でもあるし共感でき、なによりベーマガ(すでに休刊となったマイコンBASICマガジン)の言葉が出てくる当たりが泣けてくる。
ベーマガは読者投稿のプログラムを打ち込み、それを実行しゲームを楽しむというもの。
今はパッケージ化されたゲームにハマっている若年層を見ると少々創造する機会を失っているような気がする。
紀平さんも動画中でコメントされているように、作ってみて楽しみ、改良したりしてみる。
プログラミングに限った事ではないが、これって大事で、その積み重ねが確実にスキルアップにつながると思う。
まずは「途中で投げ出さず、やり遂げる」という大事さを改めて学ばさせていただきました。
これからもどんどんアップして頂きたい期待大の「実況プログラミングシリーズ」の動画です。

dummy

   

Google検索

Loading

Feed Feed

価格.com自動車保険 比較・見積もり

お問合せ


オンラインユーザ

50 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

dummy

dummy

dummy

dummy