Googleドキュメントでお問い合わせフォームを作ってみる。

Googleには様々な無料サービスがあり、その中にマイクロソフトのOfficeライクな機能(アプリケーション)があります。

Gooleドキュメント(英語サイト:Google Doc)
/>

GoogleDocトップ画面
エクセルのような表計算や、ワードのような文書、パワーポイントのようなプレゼンテーション等が揃っています。

今回はスプレッドシート(表計算)にあるフォームを使って、WEBのお問い合わせを作ってみます。
特長として、フォームで得た結果をスプレッドシートに蓄積できる点であり、集計にかかる手間を大幅に削減できるメリットがあります。

 

Googleドキュメント スプレッドシートでのフォームの作成

まず、左上のメニュー「新規作成」から”スプレッドシート”を選びます。

スプレッドシートの選択

すると別窓でスプレッドシートが表示されますので、メニューの中から「フォーム」を押し、”フォームの作成”を選びます。
また別窓でフォームの作成画面が表示されます。

フォームの作成

質問に質問事項を入力します。質問の形式はテキストからスケールまで選択できます。
あとは質問を増やし、入力終了したら、メニューの左上のボタン「保存」を押し完了します。

フォーム作成結果画面

 

WEBに貼りつける

フォームはWEBで使うことが可能です。アンケートや問い合わせフォームに利用できます。
出来上がったら、メニューの中に「その他の操作」を押し、”埋め込み”を選択します。
すると埋め込み用のタグが表示されますので、それをコピーし、所定のWEBページに貼れば手軽にお問合わせフォームが完成します。

埋め込み画面

 

結果の集計

フォームで入力された結果はスプレッドシートに蓄積されます。
”なぜスプレッドシート(表計算)にフォーム?”という疑問もここで解けるかと思います。
また、リスト形式の質問があれば自動的にグラフ集計してくれる機能もあり、大変便利です。


問い合わせ結果
集計グラフ

 

総評

なかなか便利なフォームおよびデータ集計で、収集作業(アンケートなど)にはもってこいのツールです。WEBフォームとしての活用で問題があるとすると、

  • データ形式(電話番号やメールなど)がチェックできない。
  • 入力者のIPアドレスの取得ができない。(追跡対策)
  • 認証コードの入力ができない。(スパム対策)

主にスパム対策ができたら言うことなしですが、今後機能追加になるのではと期待しています。
社内や会員サイトなど入力者がわかっている場合や、業務上の入力ツールにもってこいのツール。
応用次第で色々な用途に使えます。

 

 

dummy

   

Google検索

Loading

Feed Feed

価格.com自動車保険 比較・見積もり

お問合せ


オンラインユーザ

52 ゲスト と メンバーはいません がオンラインです

にほんブログ村

にほんブログ村 IT技術ブログへ

にほんブログ村 IT技術ブログ ソフトウェアへ

ブログランキング・にほんブログ村へ

dummy

dummy

dummy

dummy